四国のへそと呼ばれる徳島県三好市は古来より、阿波刻み煙草の生産販売によって栄えてきた町です。特に煙草の製造業が盛んであった池田町にはその繁栄を名残とする”うだつ”のあがった家が数多く現存し、当時の面影を今に伝える歴史的町並みが残されています。

しかしながら昨今の少子高齢化・過疎化の進行により人口の減少、特に若者の減少は著しく、町並みの維持はもとより地域に残された伝統文化や人と人との絆さえ消滅していく危機に瀕しています。

これからは残された建物や文化を住民が主体となって暮らしの中で活用していくことで、再び地域に活力を取り戻すことが必要です。NPO法人マチトソラでは三好市にある空き家や地域に残る伝統文化を活用した事業に取り組むことで、都市からの若者の移住促進や経済活動の活性化による若者の雇用を確保し、地域を盛り上げ、住民はもとより観光客等来訪者にとっても魅力あふれる地域であり、住んでみたい町づくりを目指します。

特定非営利法人マチトソラ理事長 横山 篤志