株式会社ビッグウィル(元モラロジー施設)

株式会社ビッグウィル(元モラロジー施設)

2007年4月地域活性化の核技術として株式会社ビッグウィルを東みよし町にて設立。
福祉・環境・雇用を一体化した新しいビジネスモデルを提案し、地方で加工・製品化されたものを都市環境で利用していただくことで、この地域にある眠っている資源をお金に換える特許性のある企業として注目を集めている。天然木を使用した世界一薄いシートを開発し、壁紙や折り紙など木のぬくもりを活かした商品づくりで木材の新たな可能性を引き出している。
2015年4月29日に元モラロジー施設であった場所に本社移転。

bw-gaikan (800x600)

■廃施設を利用した経緯を教えてください。
この施設はずっと空き施設でしたが、東みよし町の大きな財産であり、有効利用したいという想いがありました。この施設の近くには、障碍者施設や養護老人ホームがあり、保育所も開所予定です。ビッグウィルが目指すノーマライゼーションの実践に向けて、ぴったりの土地であり、高齢者やハンディキャップのある人も生き生きと働くことが出来る福祉の森にしたいと考え、この地に本社を移転しました。
弊社は様々な事情がある方に平等に働く機会をつくり、子供たちが誇りに出来るような職場を作っていきたいとの想いがあります。親を思いやるように、人と接していける福祉・環境・雇用を一体化した新しい働き方を提案しています。

bw-syokuba (800x600)

■現在の雇用状況について
18名。鳴門市や阿波市など県内から移住された方や大阪府やオーストラリアからのUターンの方もいます。
目線を低く下げて話が出来る人を採用するようにしています。

■主な仕事内容
世界一薄い木のシートの製造。
天然木や準天然木を使用した極薄ツキ板連続シート(厚み0.2mm~0.4mm、幅600mm以上)
天然木・準天然木極薄ツキ板連続シートの製造販売。付帯する建材製品、インテリア製品、文具製品、雑貨などの製造販売。

bw-koujyou(800x600)

■地域の魅力を活かしたものづくりをされていますか?
徳島県で使用する木のシートを作る際には徳島県産材、千葉県で使用するものは千葉県産材といったように、その地域で作られたものは、その地域で使用する地産地消のモノづくりをしています。
徳島県庁や三好市役所など行政施設にも県産材の木のシートが使われております。
同じ東みよし町にある斉藤桐下駄工業と一緒に商品開発も行っています。こちらがいろいろな模様を印刷したシートを作り、斉藤さんが桐下駄に貼りつけて、個性豊かな商品を作っています。

bw-doresu(800x600)

■今後の展開について
徳島県出身の都市部で暮らしている人と一緒にビジネスをしてみたり、東京で徳島県の色々な団体と協同したイベントなどできたら面白い!!
今後は地域に根差しながら都市で使っていただけるものを作り、地産外消を進め、海外にも販路を広げています。弊社の独自技術を活かし、グローバルに戦っていけるような質の高いモノづくりで外貨を獲得し、地域のモノは地域にお返ししたいと考えています。

bw-syouhin(800x600)

今回は社長である近藤清美さんにお話を伺いました。
ただ物を売るだけではなく、熱い思いを持ち、地元の資源の有効利用や高齢者や主婦・ハンディを持った人たちも生き生きと働くことが出来る職場づくりをしたいと語る姿に、力強いリーダーシップと先見性を感じました。
田舎だから何もない・何もできないとよく言われます。しかし、気付いていないだけで資源はたくさんあります。そしてそれを活かすことが出来る人もいます。100年後の未来を見据えて、地域資源の循環を事業の柱にしているビッグウィルはこれからも飛躍していくのだろうなと感じました。

株式会社ビッグウィル
〒771-2501
徳島県三好郡東みよし町昼間20番地1
TEL:0883-79-3300/FAX:0883-79-3306
E-mail:info@bigwill.co.jp
URL:http://www.bigwill.co.jp/info/index.html


Leave a Reply

CAPTCHA