風の株式会社(旧佐野小学校)

風の株式会社(旧佐野小学校)

スノーボード用品をはじめ、トレンドを意識したスポーツ&ファッションアイテムを取扱いしている、スポーツ用品及びアパレル、雑貨商品の企画・製造・輸入・販売を手掛ける会社。
三好市の廃校であった旧佐野小学校を利活用し、ロジスティックセンターを2014年11月に開所。
本社は北海道札幌市。

IMGP1976 (800x600)

■どうしてここに会社を構えましたか?
自社倉庫をはじめて持つにあたって、物件を探していたところ、あしたのチーム主催の三好市サテライトオフィス視察研修があり、そこに弊社の社長が参加しました。その際に旧佐野小学校を紹介してもらったところ、探していた場所にぴったりだということで、進出を決めました。

IMGP1952 (800x600)

■現在の雇用状況について
5名。正社員3名、アルバイト2名。
ラフィティング女子日本代表チームリバーフェイスのメンバーがアルバイトとして働いています。弊社は繁忙期が冬になるため、夏はラフティングガイド、冬はこちらの仕事とうまく掛け持ちができています。

■主な仕事内容について教えてください

自社が運営するネットショップの受注処理とそれに伴う出荷業

IMGP1961 (800x600)

■地域との関わりについて教えてください。
毎年10月の第一週目の日曜日にここのグラウンドを使って、地域の運動会が行われています。もちろん「風の」社員は全員参加しています。社長も参加です(笑)
開所式と運動会の際に、本社がある北海道の海産物を持ち込んでBBQをふるまいました。ホタテが大人気であっという間に無くなってしまいました。

BBQ2 (800x535)

■メリット・デメリット
メリットは学校を無償で借りられるため、コストを削減できること。備品類も市役所の方にいろいろ手配していただき、市の備品で余っているものをうまく活用しています。
デメリットはグラウンドが舗装されていなくて、配送のトラックが出入りするさいに、雨の時汚れてご近所に迷惑が掛かっていることですが、近々三好市が舗装してくれる予定となっています。

開所式 (800x535)

今回は、スタッフの高田さんにお話を伺いました。
風の株式会社は体育館を倉庫として使用しており、ただのオフィスだけではなく、業種・職種を問わないサテライトオフィスとしていろいろな形態があるという可能性を示す場所でした。
冬が忙しい職場であるため、三好市で盛んなラフティング産業と合わせ技で、一年を通して安定的な収入を得られているという事例もあり、新しい働き方のモデルともなっています。
地元出身の若者が多く、和気あいあいとしていて、とても雰囲気が良く楽しそうな職場だなと感じました。

風の株式会社 三好ロジスティックセンター
〒778-5253
徳島県三好市池田町佐野金氏942番地(旧佐野小学校)
TEL:050-8809-2651
URL:http://factorydirect-s.com/index.html


Leave a Reply

CAPTCHA