いやしの里 増川笑楽耕(旧増川小学校)

いやしの里 増川笑楽耕(旧増川小学校)

廃校になって15年たつ旧増川小学校。味のある木造校舎を、農山村体験ができる場所として再生。地元住民が主体となり、施設を運営しています。うどん・そば打ち体験や炭焼き体験・こんにゃく作りなど様々な体験を地元を知り尽くした農山村のプロが指導してくれます。
バンガローや共同炊事場も整備されており、ゆっくり滞在しながら自然いっぱいの環境を楽しむことができます。

IMGP1907 (800x600)

■廃校を利用した経緯を教えてください。
学校が無くなり、このままでは地域に元気がなくなってしまうと思い、地元住民で何とかしようと思って活動を始めました。廃校になってからは、毎年増川ホタルまつりを行っており、今年で16回目を数えます。

IMGP1893 (800x600)

■現在の運営状況について

地元の住民グループ「増川の活性化を考える会」が運営。

■主な活動内容
増川ホタルまつりの開催。
うどん・そば打ちやこんにゃく造りなどの農山村体験。
バンガローの予約管理。

IMGP1911 (800x600)

■地域との関わりについて教えてください。

地元で栽培したそば粉を使って、そば打ち体験を行っています。また、様々なイベントに参加して手打ちそばの販売もしています。四国酒まつりではそば米雑炊をつくり、お客様に提供しています。
地域の子供たちも農山村体験をしに来ます。この間は幼稚園児が60名ほどうどん打ち体験をしました。

soranosoba2 (800x600)

■この施設のおススメポイントはなんですか?
隣にある公民館を利用すれば、インターネットも使用でき、合宿所としての利用も可能です。
この奥には民家がないため、水がきれいで夏は川遊びを楽しまれるお客様もたくさんいます。沢蟹やジンゾクをとって唐揚げやてんぷらにしたり、ジンゾク雑炊にしたりして喜ばれています。
近くの川には源氏ボタルと平家ボタルの二種類が生息しており、6月初め~7月半ばの長い期間ホタルを見ることが出来ます。6月にホタルまつり・11月にはもみじ祭りが開かれ、近くにある町指定の天然記念物「しだれもみじ」のある場所までみんなでウォーキングします。どちらのお祭りもたくさんの人でにぎわいます。

IMGP1926 (800x600)

今回は、管理人である藤本さんの奥さんにお話を伺いました。
山深い場所にノスタルジックな木造の校舎が佇んでいて、とても雰囲気があります。
夏はラフティングのお客様の利用や帰省で使われるお客様も多いそうです。
地元の人たちも温かく、ここに来れば田舎のいいところをいっぺんに体験できる贅沢な施設です。
近くには小川が流れ、とても静かな環境で集中でき、サテライトオフィス開設を検討される際の合宿所や移住体験施設でも利用可能です。ぜひ一度足を運んでみて、自然の中で過ごしてみてはいかがでしょうか?

いやしの里 増川笑楽耕
〒771-2503
徳島県三好郡東みよし町東山字増川264-2
TEL:0883-79-5582(担当:藤本)
   0883-79-5339 ※役場窓口(産業課) 
URL:http://www.town.higashimiyoshi.lg.jp/kanko/kankoti/masukawa.html


Leave a Reply

CAPTCHA