監督:半野喜弘
徳島県三好市で働く若者たちのインタビューを通して、新しい働き方とは?を問いかける作品。三好市を半野監督の視点で切り取った映像はため息が出るほど美しく、必見です。

1)NPOちいおりトラスト村松亨インタビュー

2)あしたのチーム西岡百合代インタビュー

3)三芳菊馬宮亮一郎インタビュー

<半野喜弘氏 プロフィール>
台湾の巨匠ホウ・シャオシャン監督作品『フラワーズ・オブ・シャンハイ』(98′ トニー・レオン主演)で、フランスをはじめとする海外メディアから『新たな映画音楽作家の発見』と評価を受け、現在に至るまで現代中国の旗手ジャ・ジャンクー、ユー・リクワイ など、現代アジアを代表する監督達との共同作業を重ねている。
そのほか、2007 年にはスイスにて初のオーケストラ曲を作曲/初演、2011 年には自身で監督/脚本を手掛け、柿本ケンサクと共同制作した映画『アグリー』(窪塚洋介主演)が公開されるなど、『私の音楽は人間の根源的な苦しみと喜びへの普遍的な讃歌なんだ』と本人が語るサウンドは、その枠にとどまらず常に変貌を遂げ続けている。


Leave a Reply

CAPTCHA